アイ・エスコーポレーション

構造・工法

耐震対策等級最高級3を実現

アイ・エスコーポレーションは耐震対策等級最高等級3

住宅性能表示制度の耐震対策等に定める等級2の基準が要求されるところをアイ・エスコーポレーションは最高等級3を実現しています。すなわち構造計算によって、「建築基準法に定める地震力×1.5」の耐力を有することを証明しています。
また、4号建築物(木造2階建て)にあっては「壁量規定等による方法」が別途規定されています。

地震係数

高耐久・高断熱・省施工の最新パネル工法「i-Panel」

「i-Panel」は、国土交通大臣に認定された、5.0倍の高倍率壁量を実現する、
外力に強い「モノコック構造」のパネル工法です。

高耐久・高断熱・省施工の最新パネル工法「i-Panel」

高耐久・高断熱・省施工の最新パネル工法「i-Panel」

地震・台風に強いパネル工法の家。

一般的な木造軸組工法に比べ、外力を構造用断熱パネルの「面」で捉えバランスよく分散する事により、高い耐震性能を発揮します。

安定した断熱性能。

一般的な繊維系断熱材では、隙間無く充填することが難しいですが、「i-Panel」の構造用断熱パネルは、ボード系断熱材を隙間無く充填することにより、高い断熱性能を確保します。

住まいの劣化を防ぐ結露対策。

外部に通気層を設けた「i-Panel」は、構造体を乾燥状態に保ちます。また室内の湿気を吸収しない性質の断熱材を用いる事で、大切な財産である家を長期に渡って湿気から守ります。

制震工法のワンランク上へ制震テープによる超制震住宅

防災科学技術研究所・東京大学・清水建設の共同開発

「制震テープ」は、高層ビル用の制震装置に用いられる粘着・弾力素材を両面テープ状に加工したもの。
建物の柱と壁の間に挟んで強力に粘着させ、地震エネルギーを吸収。地震に対して建物全体が粘り強くなることで家全体が制震ダンパーとして機能する「超制震住宅」となります。
強度だけで地震に抵抗する通常の耐震工法よりワンランク上の耐震性を発揮します

制震テープ

制震テープ